意外と難しい色選び

外壁の屋根の色を塗り替えるときには業者から

イメージ通りの色にするには?

色見本

カラーサンプルや見本帳を見て選んだのに、完成したら当初のイメージとは違う。
そういったトラブルが起こる原因は『面積が大きい方が明るく見える』という“目の錯覚に原因があります。
ですから、小さなサンプル や見本帳で見た色より、広い壁面塗装の色の方が、明るくはっきり見えてしまう為に、お客様のイメージと違った 様に感じてしまうのです。

また、室内の光で見るカラーサンプルと野外で見るカラーサンプルは、幾分違って見えるので、外壁や屋根の色は、室内だけでなく、野外でも確認して決めると良いです。

また、塗料のツヤにも注意が必要です。同じ色でも、ツヤによって大きくイメージが変わります。

配色トラブルを無くすためには?

意外と難しい色選び

色を決める時には、塗装サンプルの色の彩度や明度を、自分のイメージよりワンランク暗くして選ぶ事が重要です。
また周辺との調和を考えずに外壁や屋根の塗装を変更してみても、ドアや窓等といったこれまでの部品の色やデザイン、更に周りの家や環境とのバランスが悪いと、仕上がり具合に違和感が出てきます。
ですので住まいの色選びは、サッシの色や家のデザイン、周りの環境とのバランスを考え、しっかりと考えましょう。

外壁塗装 色選びのコツ

1.まず、大まかに好みの色を探します。

2.塗装しない部分との調和を考えます。(サッシ枠・雨戸枠・戸袋枠・アルミ・ステンレス製品)

3.周辺環境(街並み・自然環境)との調和を考えます。

4.最後に微妙な色艶の調整をします。(サンプル等を見て確認します。)


お問いあわせフォーム シリコン塗装 ムキコート塗料 ガイナ塗装仕上げ こだわりの塗装とにかく安く済ませたい方 失敗しない業者選びホントの値段 外壁塗装をする前に読む小冊子無料プレゼント 外壁塗装診断書無料作成いたします。 施工の流れ ワーキングビーの工事10のお約束